事務の求人の中でも人気がある総務の仕事ですが、企業によって仕事の幅が非常に広いため、具体的にどんな仕事内容かというのは意外と知られていません。
企業の中でも重要な役割を担うといわれる、その仕事内容について説明します。

社内の中心を担うやりがいの大きい仕事

仕事内容は企業によっても違いますが、事務の求人の中でも特に様々な業務を扱うのが総務の仕事の特徴です。
そのためやりがいも大きく、人気がある業種です。
事務仕事だけでなく、企業を円滑に運営するための様々な業務に携わります。

たとえば、来客対応や庶務、会議や社内イベントの企画運営、備品管理など、仕事内容は様々です。
日々の重要な業務の中でも担当部署がないものは全て総務が一手に引き受けるといっても過言ではないでしょう。

また、社内外との交渉を引き受け、パイプ役としての業務も担います。
時には会社の利益に関わる交渉事も行うため、常に社内の情報について敏感でいなくてはなりません。

たとえば備品の納入金額の交渉などは、日々の重要な業務の一つです。
縁の下の力持ち的な仕事ではありますが、会社にとっては欠かせない部署と言えるでしょう。

未経験でもチャレンジできる?

総務・事務の求人は未経験でもコミュニケーション能力があれば比較的チャレンジしやすい業務です。
必要な資格も特になく、異業種からの転職も問題ありません。
実務経験は問われますが、総務の仕事は幅広い分野に携わっているので、過去の職務経験で活かせる点も多々あります。

そのため、事務の求人で応募する際には、過去に自分がどのような仕事をしていて、どんな業務に精通しているかのアピールが重要です。

資格があると求人に有利?

総務の仕事はひとつとは限らないため、これがあれば事務の求人に応募するのに有利といった資格は特にありません。
しかし、様々な業務に携わる分、自分の得意分野を作っておくと大きな強みになり、重宝されるケースが多いです。

たとえば、企業によっては経理や監査など、社内のお金を任されることがあります。
『簿記』の資格を持っていれば、お金の流れを把握する能力があり、経理もできるという証明になるため、アピールポイントになるでしょう。

また、ビジネス能力検定という社会人としての基礎的な能力を評価する試験は、どれくらい社会人スキルがあるかを証明できるため、持っておいて損はありません。
様々な仕事内容に携わるため、まず基本的なビジネススキルを持っているかどうかは重要です。

教えて!答えて!総務の仕事Q&A

どこの会社にも総務部ってあるけど、具体的には総務ってどんな仕事をしているの?
総務とは、会社組織全体が円滑に回るように様々な業務をしています。

会社によっても、その業務内容は様々で、例えば来客対応、社員のシフトや公的書類の管理。
またオフィスの備品管理や、掲示物等の張り替え、防災防犯対策について取り組んだりと、多岐にわたって仕事をしています。
会社の中の“何でも屋さん”のようなイメージで考えてもらえればいいと思います。

総務って、未経験でもなれるの??
未経験でもなる事は可能です。

ただし、“その業界は未経験でも、事務経験は必要”という場合もある為、求人情報をしっかり確認する事が重要です。

総務の仕事で得られるスキルは??
総務は、会社から任せられる業務が多種多様な為、それらを全てこなすと様々なスキルが習得出来ます。

資料作成や従業員の管理などを行うので、パソコン操作は不慣れでは仕事がはかどりません。
総務の仕事をしていれば、自然にパソコン操作は得意になるでしょう。

また、コミュニケーションスキルはとても重要になってきます。
社員からの様々な要望や質問を、瞬時に理解し対応しなくてはいけません。
時には、上層部と従業員を繋ぐ、橋渡しのような役割になる事もありますので、コミュニケーションスキルも身に付きます。

持っていると役立つ資格はありますか??
色々あります。

まず1つ目に、“衛生管理者”です。
気持ち良く働く環境を作る為に、社内を安全で清潔な空間をつくる必要があります。
そんな快適な環境を作る為に、具体的な知識を習得できるのがこの資格です。

2つ目は、“マイナンバー実務検定”です。
マイナンバー制度が導入された為、社員の個人情報を管理するうえで役立ちます。
他にも”日商簿記検定”や”中小企業診断士”などがあります。

総務の仕事は、やりがいはありますか??
あります。

社内全体を良い環境にする為に色々考え動いたり、社員からの様々な要望に応える為、総務はとても頼られる存在になります。
また訪問者の受付応対をしたり等、“会社の顔”としてコミュニケーションをとる機会も多く、やりがいのある仕事です。

動画で見る総務のお仕事