事務の求人の中でも人気がある総務の仕事ですが、企業によって仕事の幅が非常に広いため、具体的にどんな仕事内容かというのは意外と知られていません。
企業の中でも重要な役割を担うといわれる、その仕事内容について説明します。

社内の中心を担うやりがいの大きい仕事

仕事内容は企業によっても違いますが、事務の求人の中でも特に様々な業務を扱うのが総務の仕事の特徴です。
そのためやりがいも大きく、人気がある業種です。
事務仕事だけでなく、企業を円滑に運営するための様々な業務に携わります。

たとえば、来客対応や庶務、会議や社内イベントの企画運営、備品管理など、仕事内容は様々です。
日々の重要な業務の中でも担当部署がないものは全て総務が一手に引き受けるといっても過言ではないでしょう。

また、社内外との交渉を引き受け、パイプ役としての業務も担います。
時には会社の利益に関わる交渉事も行うため、常に社内の情報について敏感でいなくてはなりません。

たとえば備品の納入金額の交渉などは、日々の重要な業務の一つです。
縁の下の力持ち的な仕事ではありますが、会社にとっては欠かせない部署と言えるでしょう。

未経験でもチャレンジできる?

総務・事務の求人は未経験でもコミュニケーション能力があれば比較的チャレンジしやすい業務です。
必要な資格も特になく、異業種からの転職も問題ありません。
実務経験は問われますが、総務の仕事は幅広い分野に携わっているので、過去の職務経験で活かせる点も多々あります。

そのため、事務の求人で応募する際には、過去に自分がどのような仕事をしていて、どんな業務に精通しているかのアピールが重要です。

資格があると求人に有利?

総務の仕事はひとつとは限らないため、これがあれば事務の求人に応募するのに有利といった資格は特にありません。
しかし、様々な業務に携わる分、自分の得意分野を作っておくと大きな強みになり、重宝されるケースが多いです。

たとえば、企業によっては経理や監査など、社内のお金を任されることがあります。
『簿記』の資格を持っていれば、お金の流れを把握する能力があり、経理もできるという証明になるため、アピールポイントになるでしょう。

また、ビジネス能力検定という社会人としての基礎的な能力を評価する試験は、どれくらい社会人スキルがあるかを証明できるため、持っておいて損はありません。
様々な仕事内容に携わるため、まず基本的なビジネススキルを持っているかどうかは重要です。

動画で見る総務のお仕事